アーカイブ

2020年 11月 (2)
2020年 10月 (5)
2020年 09月 (3)
2020年 08月 (8)
2020年 07月 (1)
2020年 06月 (1)
2020年 05月 (1)
2020年 04月 (1)
2020年 03月 (1)
2020年 01月 (2)
2019年 12月 (1)
2019年 11月 (3)
2019年 10月 (3)
2019年 09月 (3)
2019年 08月 (4)
2019年 07月 (3)
2019年 06月 (1)
2019年 04月 (1)
2019年 03月 (2)
2019年 02月 (1)
2019年 01月 (1)
2018年 11月 (4)
2018年 10月 (4)
2018年 09月 (5)
2018年 08月 (1)
2018年 07月 (3)
2018年 04月 (1)
2018年 03月 (1)
2018年 02月 (1)
2018年 01月 (3)
2017年 12月 (4)
2017年 11月 (3)
2017年 10月 (1)
2017年 09月 (5)
2017年 07月 (1)
2017年 04月 (1)
2017年 03月 (1)
2017年 02月 (2)
2017年 01月 (1)
2016年 12月 (3)
2016年 11月 (6)
2016年 10月 (4)
2016年 09月 (3)
2016年 08月 (1)
2016年 07月 (1)
2016年 04月 (1)
2016年 03月 (1)
2016年 02月 (2)
2016年 01月 (3)
2015年 12月 (2)
2015年 11月 (4)
2015年 10月 (1)
2015年 09月 (1)
2015年 08月 (1)
2015年 07月 (1)
2015年 06月 (1)
2015年 05月 (2)
2015年 04月 (1)
2015年 03月 (2)
2015年 02月 (3)
2015年 01月 (2)
2014年 12月 (3)
2014年 11月 (1)
2014年 10月 (1)
2014年 09月 (1)
2014年 08月 (1)
2014年 07月 (1)
2014年 06月 (1)
2014年 05月 (1)
2014年 03月 (1)
2014年 01月 (2)
2013年 11月 (3)
2013年 10月 (1)
2013年 09月 (1)
2013年 07月 (1)
2013年 06月 (1)
2013年 04月 (1)

最近の記事一覧

2021年度 出張入試【沖縄】第4回 願書受付開始!
2021年度入試【本校会場】一般入学(4次)願書受付開始!
2021年度 出張入試【福岡】第3回 願書受付開始!
2021年度 出張入試【沖縄】第3回 願書受付開始!
2021年度 出張入試【東京】第3回 願書受付開始!



Admin Login
© www.ssc.ac.jp

2013年度特別授業 お茶室体験

2013年11月13日 @ 16:25

11月13日(水)13:30~

四日市市鵜の森にある四日市市茶室「泗翠庵」にて、
「日本文化」の授業として、茶道体験をしました。



体験にあたって、まずは、日本文化の浅井先生より
和室でのマナーや「泗翠庵」の施設についてお話がありました。

和室でのマナーを少し。
1.和室に入る時は、床の間から一番遠いところから入室する。
2.歩く時は、畳の縁を踏まない。
3.畳の縁には座らない。
4.床の間に近い場所には、目上の方や年長者、
  お客様などにお座りいただく。

床の間は貴い場所とされていて、お茶会の主人(主催者)は、
床に掛け軸を飾り、お花を活け、お客様をもてなします。
招かれた側は、その掛け軸やお花を拝見し、主催者の意図を読み取ります。




こちらの障子。
一枚の障子紙を貼っているのではなく、何枚もの紙を少しずつ
貼り合わせています。(少し、見え辛いかのしれません…)
そうすることで、紙を貼り合わせた部分に筋ができ、
透過する光のコントラストを生み出します。

高い技術を必要とする、貴重な貼り方なのだそうです。




「無事是貴人」

事故もなく、大きな災難にも遭遇することなく、
無事安泰に暮らせたことが貴いという喜びと
感謝の念が表わされているそうです。



こちらは「水屋」と呼ばれるお茶をたてるための準備をする部屋から、
お茶室に入る時の所作を習っています。

入り口手前に座り、手をついて一礼。
正座をしたまま手を”ぐー”に結んで親指で畳を押しながら
体を前に進め、お茶室に入ります。





こちらは天井部分。
藁や檜、竹など数種類の素材を用い、模様や天井の高さを
微妙に変化させることで、奥行きを生み出します。

その他にも、光を取り入れるための「突き上げ窓」など
小さな空間に様々な工夫が施されていました。



浅井先生のお話を伺った後は、お茶室隣の「立礼席」で
お茶とお菓子を頂きました。

本日のお菓子は、五節句「重陽」にちなんだ菊のお菓子。

短い時間の特別体験学習でしたが、
普段、経験することの少ない日本文化の世界に
触れることができました(*^-^*)







Oxford留学日記 Vol.3

2013年11月06日 @ 09:23

vol.3では、学生が留学期間中に訪れた、いくつかの素敵な名所をご紹介します♪

Oxford Christ Church College


抜けるような青空に流れる白い雲、そして緑の芝生の色合いが美しいですね。

こちら、オックスフォード クライスト・チャーチカレッジは、
ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」や
映画ハリーポッターシリーズの食堂のシーンの
舞台にもなっているそうです。


Oxford Hertford Bridge


複数のカレッジで構成されているオックスフォード大学
その中のひとつ、ハートフォード・カレッジ。
そのカレッジの2つの建物を結ぶ「ハートフォードブリッジ」は、
通称 「溜め息の橋(The Bridge Of Sigh)」と呼ばれていて、
オックスフォード市内の観光名所にもなっているようです。
この橋は、イタリアのヴェネツイアにある橋を模して造られたそうですよ。


Oxford Radcliffe Camere


ボドリアン図書館は、オックスフォード大学の図書館です。
その図書館の分館がこちら ラドクリフカメラ。
現在は、図書の閲覧室として使用されているそうです。


3回に渡ってお伝えしました「Oxford留学日記」
今回の留学プログラムの経験は、参加した学生にとっては
生きた英語に触れる素晴らしい機会だったと思います。
これからもますます英語を楽しんで、
そして、もっともっとスキルアップさせていってくださいね♪

Oxford留学日記 Vol.2

2013年11月05日 @ 15:18

日本を離れ、異国の地で暮らしていると、
誰もが恋しくなるのが和食ではないでしょうか(´・ω・`)?

下の写真はロンドン市内にある、「Edamame(えだまめ)」という、
大変人気でいつも満員の日本食レストランですヾ(≧∇≦)ゞ

日本人オーナーのお店なので、少々お値段はしますが、
なかなか本格的なお寿司などの和食が楽しめます!!!

この日は勉強をしっかりした後での食事♪
日本で食べるお寿司がやっぱり一番だけど、
留学生活で疲れたときにこちらへ来ると、
「これからも頑張ろう!」と元気が出るそうですo(≧∇≦o)


(ノ◎ω◎)ノそれにしても本当においしそう。。。



次の写真は、留学プログラムが終わった後に行った、
ロンドン市内観光です(○●^▽^●○)./

世界で有名な大都市の1つであるロンドンでは、
ヨーロッパのイギリス以外の国々、中東、アフリカから来た人々も
たくさん暮らしているようです(*゜∇゜*)♪なのでたくさんの文化が混ざり、
世界的流行の発祥地の1つとも言われているそうですよ☆

さまざまな分野で最先端を行くだけではなく、歴史的建造物も多く残るロンドン。
そんな新旧がうまく混ざり合った雰囲気が写真からも伝わってきますねヽ(*゚ー゚*)ノ

街中を歩くだけでワクワク・ウキウキしたそうですO(゚▽゚o)(o゚▽゚)o


(ノ◎ω◎)ノちなみに有名なこの赤い2階建てバスは600番台まであり、
中には24時間運行しているものもあるそうです!!
日本とは違い、とても便利ですね!!